2010年03月01日

今日は課題の「ドコモショップ大津店」のCMの発表です。

今日から昨日締め切りだったFM滋賀のラジオCMの作品を発表して行きたいと思います。


今日は課題の「ドコモショップ大津店」のCMの発表です。

ドコモショップ大津店に行きたくなるようなラジオCMを、とのことでした。



【ドコモショップ大津店】

父親「ちゃんと勉強してるか?」

子供「うん!してるよ!あのね〜パパ?」

父親「なに?」

子供「今日ね、学校でね、体育の時間にね・・・」

父親「何気ない会話ですが、元気をくれます。そんな私の元気のきっかけが・・・(心の声)」

女子店員「いらっしゃいませ!」

NA 話せば元気。NTTドコモ大津店





これからも皆さまに愛されるお店作りをモットーに、

『元気モリモリのドコモショップ大津店』へ、

魅力溢れるラジオCMをお考え下さい!!!

とのことでしたので、

その『元気さ』みたいなのを表現したいと思ったのですが・・・。




ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキングへ
posted by 8284 at 21:22| Comment(5) | ラジオCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

さっそくボクの作品を紹介します。



SE:バタバタバタ…。(廊下を走る音)

孫:ねぇ〜、おじいちゃ〜ん!

おじい:おお。どうしたんじゃ?
ちゃん

孫:おじいちゃんは何色が好き?

おじい:そうじゃのぉ、おめでたい紅白の色かのぉ
ちゃん

孫:こうはく〜?

おじい:ほら、ドコモショップの色じゃよ。
ちゃん

孫:知ってる〜赤と白のお店!!

NA:子どもからお年寄りまで愛される
  
ドコモショップ大津店


携帯電話の説明だとドコモショップじゃなくて
ドコモのラジオCMになると思ったので
地方ならではの身近な存在だということを伝えました。

紅白色は単純に独自性のある視点かなと
思ったので突っ走りました。

ドコモショップに行く人は携帯買う人か、
壊れて修理する人ぐらいしか行かないので
難しいですよね。

ショッピングモールやヤマダ電機とかに
入っている携帯ショップなら何気なく見ますが
大津店を見る限り、ふらっと行く人はいるんでしょうか。。。


さて、宣伝会議賞結果でてました!

なんと!ボクの作品はありませんでした!
でも、知り合いが二次審査通過に入っていたので
うれしかったです。

ノミネートや協賛企業賞の作品を見ると
すげ〜と感動するばかり。
何で自分は自信があったのかと恥ずかしくなりました。

やっぱり「情景が浮かぶ」ことが大事です。
(あくまでボクの目標です)
Posted by RYO at 2010年03月01日 21:56
こんばんは。

ドコモショップ、K-MIXにも同じ課題がありそこで全力を尽くしてしまったので、思いついたのはほとんど搾りかすみたいな作品です。2本送りました。


作品@

店員:いらっしゃいませ。

客A:料金プランのことで・・・。

店員:わかりました。

店員:いらっしゃいませ。

客B:機種変更をしたいんだけど・・・。

店員:こちらへどうぞ。

店員:いらっしゃいませ。

客C:特に用事はないんですが・・・。

店員:ありがとうございます。

NA:何もなくても行きたくなる
 Docomoショップ大津店


作品A

NA:今日も営業で外回り。携帯の電池が切れそうだ・・・。

男:おっ、DOCOMOショップ!

女性スタッフ:いらっしゃいませ!!
       充電ですか?
       また、おこし下さい!!

NA:心まで充電された気がした。

NA:いつも笑顔でサービスを
 Docomoショップ大津店


@はRYOさんのコメントにもあるように、携帯に関すること以外の人でも行ける店みたいなアピール。Aも苦し紛れです。行ったことないですが実際充電できるんですかね?「ココロも満タンに」みたいなイメージです。どちらも自信度★1です。


2次通過、自分もひとつもありませんでした。何となく予想はしていましたが・・・。去年より悪い結果に凹みます。と同時に次回はやってやる!!という気持ちで一杯です。

受賞コピーはどれも納得です。カッコつけたりクサイ言葉ではなく、ごく普通のシンプルな言葉で、でも誰もが共感できるような、そんなコピーばかり。これなら作れそうと思いつつ、でもやっぱりなかなかできない。そんな視点と切り口で、自分のとのレベルの違いを見せ付けられました。

やっぱりコピーってスゴイですね!!!

Posted by はゆみお at 2010年03月01日 22:17
RYOさん、はゆみおさん、こんばんわ。

お二人とも2次の通過は駄目でしたか・・・。二人がダメならば、私のは問題外ですね。

相当、今回のレベルも高かった様ですね。私も早く宣伝会議を見たいです。
Posted by 8284 at 2010年03月01日 22:54
宣伝会議賞。
知りあいがファイナリストになってました。
くやしいような。嬉しいような。
私も最終ノミネートに1本だけ。
プロになってからもほぼ毎年出しているけど
なかなか届かないんですよね。
トップの賞には。
だからこそ、やりがいもあるんですが。。。
来年また頑張りましょう。

でも今年のファイナリストはそこまで
鋭いコピーはなかった気がしました。
はゆみおさんの言うとおり、
欲目から生まれる背伸びのコピーではなく、
あたりまえのことを、そっと気づかせてくれるコピーの時代なのかもしれませんね。
ささくれた時代ですから。

Posted by 通りスガリー at 2010年03月02日 00:31
通りスガリーさん、こんばんわ。

宣伝会議賞って、プロの方も参加出来るんですね。ずっとアマチュアの方だけしか参加できないかと思ってました・・・。だって「コピーライターの登竜門」って言っているから・・・。

1次通過だけでも、プロの方の作品と同じ舞台で評価されての通過ということなので、嬉しさが倍増しました。あとは2次通過の結果なのですが・・・明日には宣伝会議届くかな・・・。
Posted by 8284 at 2010年03月02日 20:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]